ダイエットの敵!育児中でもストレス無くお菓子をやめる方法

育児のストレスでついつい甘いものに手が伸びてしまう…
授乳中は何だかすぐお腹が空く…
食後のデザートが無いと満足できない…

出産前に比べると出産後の方がお菓子の量が増えていませんか?

しらたま
私も出産後はなかなかゆっくり食事ができず、
ついついご飯代わりにお菓子を食べてしまっていました。

手軽にお腹を満たせるから便利なんですよね。

このままではいけないことはわかっているのですが、
なかなか辞められないんですよね…

そもそも、何でお菓子を食べたらいけないの?

さまざまな病気のリスクがある


お菓子を食べすぎていると一番心配になるのは
「カロリーオーバー」や「太りやすい体質になる」ことですよね…

しかし、それ以外にも
甘いものを食べるのがやめられない「砂糖依存症」
脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病の原因にもなる「高血圧」
など様々な病気のリスクがあります。

他にも、

  • 身体に不調が出てくる
  • 疲れやすくなる
  • ニキビができやすくなる
  • 抜け毛や薄毛の原因になる

など、身体にさまざまな不調が出てきます。

しらたま
私は甘いものを自分で制限できるようになってからはニキビができにくくなりました。
やはり、私たちの体は食べたもので出来ているんだなぁと実感しました。

子育て中でもストレスなくお菓子をやめる3つの方法

今回は子育て中でもストレス無くお菓子をやめる3つの方法について紹介していきます。

  1. 温かいお茶を飲む
  2. 食欲を紛らわす方法を見つける
  3. お菓子の代わりになる間食を用意する

①温かいお茶を飲む


「食後に甘いもの」が習慣になってしまっている方は多いと思います。

私も同じで、食後に甘いお菓子を食べないと気が済まなく
毎食後食べてしまっていました。

そんな方におすすめなのが、
お菓子の代わりに温かいお茶を飲む方法。

食後にゆっくりお茶を飲んで落ち着くことで、
甘いものを食べたい衝動が抑えられ、
身体も温まり、一石二鳥です!

②食欲を紛らわす方法を見つける


食後やテレビを見ている時、だらだらごろごろしている時など、
お菓子を食べたくなる時ってだいたい決まっていませんか?

お菓子を食べたい!と思った時には、

  • エクササイズをする
  • 家事に取り掛かかる
  • 子供と公園を散歩する

など、食欲を紛らわせる方法を探してみましょう!

しらたま
私は食後はすぐに家事に取り掛かるようにしています。
することいっぱいで甘いものへの欲求を忘れられましたよ!

③お菓子の代わりになる間食を用意する


どうしても、食べたくなった時のために、

  • ドライフルーツ
  • ピスタチオ
  • 蒟蒻畑
  • ヨーグルト

など、手軽に食べられ、身体に良いとされているお菓子を
用意しておきましょう。

まとめ

子育て中でもストレス無くお菓子をやめる3つの方法を紹介しました。

  1. 温かいお茶を飲む
  2. 食欲を紛らわす方法を見つける
  3. お菓子の代わりになる間食を用意する
しらたま
いきなり頑張りすぎて、ストレスが溜まってしまい
結果、爆食してしまっては意味がありません。

1日にたくさん食べてしまっている場合は
「午前中だけお菓子を辞めてみる」
毎日お菓子食べてしまっている場合は
「1日に食べる量を少し減らしてみる」

まずは少しずつ、自分のペースで初めてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。